Langsamer Satz

クラシック音楽のことなどをのんびり、ゆっくりとお話したいと思います
<< 【ディスク 感想】 恋愛小説2−若葉のころ 〜 原田知世 | main | 【演奏会 感想】イリーナ・メジューエワ  ショパン、全夜想曲演奏会  (2016.06.18 東京文化会館小ホール) >>
【演奏会 感想】愛の苦悩(狂気と苦悩)〜17世紀イタリア・スペインの音楽〜  ラケル・アンドゥエサ(S) アンサンブル・ラ・ガラニア(2016.06.07 王子ホール)
0
    ・愛の苦悩(狂気と苦悩)〜17世紀イタリア・スペインの音楽〜
     ラケル・アンドゥエサ(S) アンサンブル・ラ・ガラニア
     (2016.06.07 王子ホール)





     
    <<曲目>>
    「狂気」
    アンリ・デュ・バイイ:わたしは狂気
    作者不詳(17世紀):マリサパロス
    作者不詳(17世紀)詩/トレンテ編:「女さまざまのサラバンド」
    サンス&即興:フォリアス
    リュリ:わかっている、私が死にかかっているのは
    作者不詳(17世紀):「不在」
    作者不詳(17世紀):あなたの瞳は
    サンス:カナリオス
    ケベド詩/トレンテ編:「牢屋のハカラ」
    「苦悩」
    メールラ:そんな風に思うなんて
    ストロッツィ:「恋するヘラクレイトス」
    作者不詳(17世紀):わたしの美しい人
    カプスベルガー:パッサカリア
    モンテヴェルディ:安らかにみな忘れ
    コルベッタ:シャコンヌによるカプリース
    マッツォッキ:怒りよ、勇敢な王者よ
    モンテヴェルディ:これほどにも甘美な苦悩が
    (アンコール)
    モンテヴェルディ:ニンファの嘆き
    熊本民謡:五木の子守歌

    ※1曲、当初発表から曲目変更あり、

    ---

     スペインの古楽ソプラノ、ラケル・アンドゥエサがやっと来日してくれました。彼女が2010年に結成した古楽グループ、アンサンブル・ラ・ガラニア(ヘスス・フェルナンデス・バエナのテオルボと、ピエール・ピツルのバロック・ギター)と一緒に、王子ホールで「愛の苦悩(狂気と苦悩)〜17世紀イタリア・スペインの音楽〜」と題したコンサートを開き、彼女を以前から女神さまと崇める私は会社を休んで聴きに行きました。

     休憩なしで90分程度、スペイン語で歌われる作者不詳の歌やフランスで出版された歌、メールラやストロッツィ、そしてモンテヴェルディらのイタリアの歌と、アンドゥエサが得意とする音楽たちをたっぷりと楽しみました。

     彼女らが聴かせてくれたのは、ちょっとまどろっこしい言い方になりますが、古楽などという領域どころか、クラシックとポピュラーの境界も軽々と飛びこえた、私たち人間の生活に根ざし、心の奥底から生まれ出てくる「歌」、でした。

     アンドゥエサは、もちろん、きちんとした音楽教育を受け、多彩な顔ぶれの超一流音楽家からも重用される優秀な古楽演奏家であって、その歌は間違いなくアカデミックな裏付けがなされたレベルの高いものであるのは間違いのないところです。
     多彩な声の音色の使い分け、滑らかなレガートと強いアクセントを伴うおしゃべりとの対比、音楽の頂点の持って行き方や、静寂の中でむしろ豊かな表情を感じさせる語法など、彼女の歌の音楽的な質の高さは素人の私にも分かる。
     音の低いところで聴かせる、ちょっと地声に近い、でも、絶対ドスは利かせずにむしろ「可愛い」と感じさせるようなコケティッシュな表情とか、どこまでも伸びていくのだけれど、ちょっとハスキーで翳りのある音色がセクシーな高音、信じられないくらいの弱音でもきめの細かいヴィブラートを保ちながら超絶的にディミヌエンドするブレスコントロールなど、挙げればキリがないくらいに長所がいっぱいある(欠点や課題はきっとプロの音楽家や評論家、耳の肥えたファンの方々が指摘して下さることでしょう)。

     でも、私が彼女の歌に強烈に惹かれるのはそこではありません。
     彼女は、既にある古い音楽を外側から作り、今日的感覚とはかけ離れたものを表現することに心を砕くような場所にはもういない。まるでそれが自分で作曲した曲であるかのように、そう、彼女らがポップス・グループ(それもとびきり上質の!)であって、彼女らが自分たちで作った新曲たちを披露しているかのように感じさせる。
     あたかも自分の音楽を、心の底から生まれてくる自分の歌を歌い、奏でていると感じさせる、彼女らの音楽のなんと新鮮で、親密で、心のこもっていることでしょうか!彼女らの音楽のたとえようもない愉悦が、住んでいるところも、喋る言葉も、バックグランドのまったく違う日本人である私にも伝染して、それがあたかも私の作った歌であるかのようにさえ感じさせてくれる。そこが素晴らしい。飛びついてハグしたくなるくらいに愛おしい。

     実のところ、彼女の歌っている歌たちの歌詞の中には、結構きわどいものがあります。「女さまざまのサラバンド」のフランス書院文庫まがいの淫らな歌詞とか、無頼漢のヤクザな言葉が並ぶ「牢屋のハカラ」とか、およそ王子ホールに集まる(私以外の)紳士淑女にはおよそ相応しくない下品なものです。
     また、後半の大作曲家たちの歌は、さすがに生々しい感情を濾過した美しい恋歌たちではありますが、今どきこんな「恋愛」を歌う人なんてどこにもいないよというくらいに文学的で、それだけを読めばかなり距離を感じずにはいられない。
     でも、そんな歌たちであっても、彼女らが、チャーミングな仕草を見せつつ、表情豊かに、真実味をもって歌うのを聴き、見ていると、私たち聴き手はすっかりその歌の世界に入り込んでしまう。
     本当のことを言ってしまえば、かしこまって神妙な顔をして聴いているのではなく、愉しければ自然に体でリズムをとり、彼女が客席を指さして歌うのに応えてにこやかに手を振り、彼女の小さな手拍子(ちょっとフラメンコっぽかった)に同調し、そう、それこそポピュラーコンサートのような「ノリ」で演奏者を包んでしまっても一向に構わないのではないかと思うくらいでした(きっと反論はあると思いますし、実際私も静かに神妙に聴いてたわけですが)。
     恐らく、若い聴き手なら、もっともっと自然に、彼女らの音楽を、俗にまみれた曲も、高貴な芸術性をまとった曲も、それこそ「俺たちの、私たちの音楽だ!」と快哉を叫びながら受け容れられたのかもしれません。

     ただ、そうは言いつつ、全体を通して痛感したことがあったのですが、それは、モンテヴェルディという作曲家がいかに突出した、偉大な存在だったかということです。
     今回のコンサートでは、後半に2曲「安らかにみな忘れ」「これほどにも甘美な苦悩が」、そしてアンコールで「ニンファの嘆き」を歌ってくれましたが、ただ単に作曲技法が凝っていて演奏に高度な技術を要するということだけでなしに、私たち聴き手の心に触れる「音魂」の強さが尋常ではありません。どの曲も、心地良い響きの中に、痛みや違和感を伴う「雑音」が仕掛けられていて、それが音楽に深い奥行きを与え、私たちの心の琴線を激しく共鳴させる。そんな音楽の「ツボ」を、アンドゥエサは何と鋭く突いてくることでしょう!そのシンプルな音の振る舞いの中に封じ込められたたくさんのものから、彼女は、時には果てしない憧れを、時には行き場のないため息を、時には激しい慟哭を取り出し、奏者と聴き手の間で共有する。
     中でも「ニンファの嘆き」では、彼女が抉り出す深い喪失感、哀しみに、こみ上げてくるものを抑えることは諦めて、ただただ泣きぬれるしかありませんでした。この曲は、私はヌリア・リアルの歌(ラルッペジャータとのアルバムに入っている)を最も好んでいますが、アンドゥエサの歌も双璧です。

     アンコールでの素晴らしい「ニンファの嘆き」に続き、彼女は短いスピーチをして、熊本の地震の被害に胸を痛めていると述べると、被害に遭われた方々への思いを込めて「五木の子守歌」を歌いました。小さなノートを手にして歌詞を見ながら、美しい、もしかしたら私たちよりもきれいな発音で、切々と、しみじみと。
     モンテヴェルディに続いて「五木の子守歌」が、こんなにも違和感もなく、むしろ美しく調和しているかのように感じたのは、それだけ彼女らの演奏が素晴らしかったということだろうし、それ以上に、この子守歌が普遍的な何かを備えた音楽だからなのでしょう。岡山から始まったツアーの3公演でもこの曲が歌われたと聞いていたので、その意味では驚きはありませんでしたが、こんなにも激しく胸に刺さる歌を聴くことができるなんて想像もしていませんでした。
     
     というようなことを思い出して文章を書いているだけで、目の前が霞んでしまいます・・・。

     アンドゥエサの歌だけでなく、二人の撥弦楽器奏者たちの演奏もなんと素晴らしかったことか!その音だけで風や水のせせらぎ、あるいは歌の主人公の心のざわめきや高揚が見えてしまうようなピツルのバロックギターは絶品でした。 また、アンドゥエサと長く一緒に活動しているバエナのテオルボは、アンドゥエサの歌とピツルの音楽を大きく包み、音楽の骨格をつくる大切な役割を見事に果たしていました。カプスベルガーで聴かせてくれた渋いソロもじっくりと愉しみました。

     ああ、何と素晴らしい演奏会だったことでしょうか。いい音楽を聴いた時にはいつも思うことですが、生きてて良かったという幸福な実感を味わいながら今こうやってとりとめのない文章を書いています。
     彼女の存在を強烈に意識するようになって4年、ずっとナマを聴きたいと切望してきましたが、ようやく夢が叶い、そしてこんなにも私の心に響く演奏を聴くことができて、アンドゥエサとラ・ガラニアの二人、招聘元のアレグロ・ミュージックには伏してお礼を言いたい。そしてできることならまたこの人たちの音楽に直に触れる機会を作って頂きたい。

     思うのですが、前述のように、この彼女のジャンルなんてものは関係ないくらいに今日的な音楽は、古楽クラスタとかクラシック音楽ファンにとどまらず、普段そうした音楽には無縁の人にも、強くアピールするものなんかじゃないでしょうか。
     例えば、彼女たちが渋谷や新宿でライヴやったら、ウケにウケて大騒ぎになるんじゃないでしょうか。何も知らない人たちの足を止め、耳を傾けさせるだけの、強いオーラと、音楽的な魅力があるはずと確信するからです。
     勿論、これだけの技量をもった超一流の人たちなので、正当な報酬が支払われるベきなのですが、でも、だからこそ、たくさんの人が彼女たちの音楽に触れる機会があればいいのにと思わずにいられないのです。好きは勝手、嫌いは押しつけるものではない、という武満徹の言葉からすると、そんなのは小さな親切、大きなお世話なのですけれど、こういう民衆の心の奥底から出てくるような生活に根ざした音楽こそ、富裕層の1%の人たちが独占するのではなくて、残りの99%の人たちも同じように、いやそれ以上に自分たちの生きる糧として楽しめる社会であれば良いのに!と私は心の底からそう思います。

     今回の演奏会、ホール配布のパンフレットの解説と、アレグロミュージックが作製したツアーパンフレットの解説は、マーキュリーから発売されるCDでいつも素敵な翻訳(試訳、補訳などと謙遜されていますが)をなさっている白沢達生さんが執筆されています。彼自身の言葉で書くまとまった解説というのは、もしかしたら初めて読むような気もする(勘違いかも)のですが、その柔らかくて、でも、たしかな手ごたえのある言葉によって、アンドゥエサたちの奏でる音楽をナビゲートしてもらえるのはとても幸せなことです。白沢ファンを自認する私としても読めて嬉しかった。彼にもまた心から感謝せずにはいられません。

     演奏会後、サイン会が開かれたので、3人の参加した最新盤にサインをしてもらいました。アンドゥエサに「最後の子守歌はこれからもずっと忘れません」と告げると、彼女は言葉が聴きとれたかと心配そうに尋ねるので、「もちろん分かった、素晴らしかった!」と答えるととても喜んでいました。「次もなるべく早く来て下さい」と言うと、「それはエージェントに言わなくちゃね!」と笑っていましたが、本当にもう明日にでもまた彼女の歌を聴きたいくらいです。

     ところで、今日の演奏会にはNHKのカメラが入っていました。放送日は未定ながら、BSクラシック倶楽部でオンエアとのことです。きっと、アリーナ・イブラギモヴァの初来日公演の放送を見た私がそうだったように、彼女らの演奏会をテレビでみて「決定的な出会い」をするファンがたくさん生まれるのではないかという予感があります。その意味で、彼女の演奏会の放映は、ある意味、「テレビのクラシック音楽放送の歴史が動く」機会になるのではないかとさえ思います。1月にNHK−FMで彼女のライヴが放送された時のTwitterのTLの熱狂ぶりを思えば、私の予感は結構当たるんじゃないかと思っているのですが、どうでしょうか。
     ともあれ、放送が楽しみだし、録画すればそれは私にとっての宝物になることは間違いありません。そして、彼女の歌ったあの心に沁みる「五木の子守歌」の名唱が、熊本で今も不自由な生活を続けておられる方々にとって、たったひとときでも心の慰めとなりますようにと願わずにいられません。


     
    | nailsweet | クラシック音楽 コンサート | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 02:00 | - | - |









      http://nailsweet.jugem.jp/trackback/1315
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • デ・ラ・パーラ指揮のオール中南米プロの演奏会が聴きたい
        gijyou (07/24)
      • レコード芸術 創刊800号に思う
        “スケルツォ倶楽部”発起人 (05/07)
      • レコード芸術 創刊800号に思う
        木曽のあばら屋 (05/06)
      • マーラー/交響曲第9番 〜 バーンスタイン/IPO(1985.9.3) 
        ストロハイム (02/08)
      • アザラシヴィリ/無言歌(グルジアの歌)
        moemoet. (01/28)
      • アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"
        moemoet (01/28)
      • 【演奏会 感想】ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサン <イタリアの庭で〜愛のアカデミア> (2016.10.13 サントリーホール)
        siegfried (11/21)
      • 【演奏会 感想】ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル(2016.10.29 浜離宮朝日ホール)
        ねこ (11/20)
      • 【雑記】客席ガラガラの演奏会に思うこと
        佐藤 (11/01)
      • アザラシヴィリの「無言歌」 〜 「音楽の友」(2016.07)記事掲載、クァルテット・エクスプローチェによる新盤発売
        yoosun (09/01)
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + Twitter
      + Access Counter
      + Ranking
      にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
      にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ
      ブログランキングに参加しています。
      + Twitterです
      ほんの出来心
      + Mail
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE