Langsamer Satz

クラシック音楽のことなどをのんびり、ゆっくりとお話したいと思います
<< アザラシヴィリの「無言歌」 〜 「音楽の友」(2016.07)記事掲載、クァルテット・エクスプローチェによる新盤発売 | main | 【ディスク 感想】バルトーク/Slovak Songs  イヴァ・ビットーヴァ(Vo) ミュシャ(ムハ)弦楽四重奏団 >>
【演奏会 感想】飯森範親指揮東京交響楽団 オルガ・シェプス(P) 第643回 定期演奏会(2016.08.04 サントリーホール)
0

    ・飯森範親指揮東京交響楽団 第643回 定期演奏会

     オルガ・シェプス(P)

     (2016.08.04 サントリーホール)

     

     

     

     

    <<曲目>>

    ・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

    ・サティ:ジムノペディ第1番(アンコール)

    ・プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第7番「戦争」第3楽章(アンコール)
    ・ポポフ:交響曲 第1番 作品7 《日本初演》

     

    ---

     

     「音楽に政治を持ち込むな」

     
     ガヴリール・ポポフ(プログラム等ではポポーフと表記されていますが、私は長年ポポフで慣れているのでこう記します)の交響曲第1番の日本初演を聴いていて私はそう思いました。
     この交響曲は、ポポフが1928〜34年にかけて書いたもので、1935年にレニングラードで初演されました。ロシア・アヴァン・ギャルドの名作たちの中にあっても一際強烈な個性と破天荒なまでのパワーを持つ音楽で、国外でも相次いで名指揮者が取り上げるなど高い評価を受けますが、国内では初演の翌日に検閲委員会により先鋭的にすぎると非難されます(ショスタコーヴィチの「プラウダ批判」と似た状況)。粛清の恐怖に縮み上がったポポフはすっかり怖気づき、以降は作風を変えて体制賛美の音楽を書き続けますが、戦後、ジダーノフ批判でも再び体制から非難されて一切の地位を失うなど思うようには認められないまま、マイナーな作曲家として生涯を閉じます。
     交響曲第1番は、検閲は覆って一度は復権を果たしますが、ロシア(ソ連)の国内外問わず、長い間演奏されないまま忘れ去られていました。ようやく1989年にプロヴァトロフ指揮のCD(Olympia盤)が録音され、1995年に発売されて一部で大きな注目を浴び、その後、Telarcからボットスタイン指揮のCDが出て再び関心を集めますが、やはりマニアだけが知る「秘曲」という位置漬けは今も変わっていません。
     

    ・ポポフ/交響曲第1,2番

     プロヴァトロフ指揮ロシア国立響(89)(Olympia)

     

     

     

     

     

     私自身は、そのプロヴァトロフのCDを聴いてポポフの1番は知っていました。90年代後半、例によって片山杜秀氏が音楽の友社刊のムックでこの曲を「ショスタコーヴィチの第四番あたりと同等に評価されるべき」と激賞しているのを読んで興味を持ち、ちょうどその頃にCDを見つけて狂喜乱舞して購入したのでした。もしかすると今はなき神保町の新世界レコードで買ったのかもしれません。オーケストラが暴力的なくらいに鳴りまくる音楽は、私は当時大好きでしたからこの曲はすぐに気に入りました。あれから20年近く経ち、まさかこの曲を実演で聴くことができる日が来ようとは夢にも思いませんでした。しかも、飯森範親指揮東京交響楽団という顔合わせなら、きっと面白い演奏が聴けるに違いありません。

     

     最近はこの曲は全然聴いていなかったこともあって、とても新鮮な気持ちで聴きましたが、果たして、私の期待はまったく裏切られませんでした。50分近くにわたり、ポポフの書いた交響曲の凄まじいエネルギーの放射を浴びました。

     

     プロヴァトーロフ盤は録音が薄っぺらくて (特にシロフォンがマイクに近すぎてヘン) 、最後の大団円などはほとんどコミカルなくらいにただやかましい音楽になっていましたが、高度な技術と美的センスを持った音楽家たちの生み出す最強音は、響きが輝かしく磨き抜かれていて眩いほどで「美しい」とさえ思わずにいられないものでした。また、全体的に、プロヴァトーロフ盤よりもゆったりとした壮大なテンポをとってオケを十分に鳴らしているので、表現も上滑りすることなく重量感があって、この異形の音楽がもつとてつもない面白さを思う存分味わうことができました。

     

     そして、このひたすらやかましい音楽には、実は「美しい」場面がたくさんあるのだということも、飯森と東響の演奏に教えてもらいました。第1楽章が始まってすぐにヴァイオリン群が歌うターン音型(トリスタン由来?)や、第2楽章でやはり弦が弱音で聴かせる官能的なカンタービレには痺れました。第2楽章冒頭の孤独を秘めたオーボエの旋律にも胸を打たれた。私は歳をとってしまったのでしょうか、最近はひたすら鳴りまくる部分よりもこういう静謐な音楽に魅かれます。

     

     もう一つ気づいたのは、やはり彼の友人であるショスタコーヴィチの音楽と共通するものがたくさんあるということ。何度か現れる二台のティンパニの掛け合いはショスタコーヴィチの交響曲第4番のフィナーレの例のコラールの場面を想起させます。また、同じショスタコーヴィチの4番の第1楽章のあのフガートに似たカオス的な音響を聴くこともできますし、激しく音楽が盛り上がる場面で「ムツェンスク郡のマクベス夫人」を想起させるところもある。また、ショスタコーヴィチだけでなくモソロフの「鉄工場」に似た雰囲気のところとか、後のプロコフィエフの音楽の導線となっているようなところもある。同時期の作曲家の作品と、同時発生的にこうした音楽が生まれた訳で、それだけ当時のロシアの音楽界が豊饒で肥沃な大地となって、多くの優れた音楽を生み出していく素地となったんだろうなと思います。

     

     そんな感想をひっくるめて、ポポフの交響曲第1番というのは、いつも未来を向いている音楽なのであって、飽くことなく新しい響きを追い続けている音楽であると私は思います。金銀財宝の埋まった鉱脈を掘り当てるかの如く、今まで聴いたこともないような響きをこれでもかこれでもかと追い求めている。そこにはあまり体系的な理論の裏付けはなく、新しい語法を追求するというような姿勢も感じず、音楽のかたちを把握するのにはとても骨が折れるので、悪く言えばとりとめのない散漫な音楽であり音楽の構築が弱いという見方も可能かもしれない。しかし、曲の最後、16本のホルンを始めとする倍に増強された管楽器の響きと、弦の分厚い響き、そして打楽器群の爆音が交錯し、音の壁が聳え立つさまを聴いていると、恐らく作曲家の内側で湧き起っていたであろう、自らの追求が成就されたという、ほとんどエクスタシーとしか言いようのない激越な喜びの中についつい巻き込まれてしまう。

     では、その凄まじい表出力をもった音の塊の向こう側には、作曲家のどんなメッセージが埋め込まれているのか、などと大上段に構えて問いを設定してみても、その答えは凡人の私には分かりません。しかし、そこには音楽が持つ無限の可能性と、高い人間性への信頼があるのは間違いがないように思えます。無防備なほどに、楽天的に過ぎると言っていいほどに、明るく開放的な響きそれ自体には悲劇性はまったくありませんが、逆に、まじく強度の高い響きが生み出すオプティミズムゆえに、聴く者としてはそこに悲劇を感じてしまいます。

     

     私は思うのです。政治が介入してポポフの音楽を潰しにかからなければ、彼はこのまま才能を伸ばし、もっと新しい響きに満ち溢れた挑戦的な音楽を書けたのではないかと。そうすれば私たちはこれよりももっと素晴らしい、かけがえのない音楽を聴くことができたのかもしれない(私自身、この交響曲に味をしめてポポフの他の作品はいくつか聴きましたが、どれも正直つまらない)。音楽に政治を持ち込み、音楽家を委縮させてしまうとろくなことにならない。ただスポイルして普通の人にしてしまうだけ。そのことをポポフの音楽を聴いて強く感じたのです。

     正直なところ、ポポフは反体制を貫き政府に盾突いてでも、自らの音楽的理想を実現すべきだったという気もするのですが、そんなことをすれば生命の危険にさえ晒されてしまうような時代には、彼が体制に迎合したのを見咎めて「チキン野郎」と言うのは酷に過ぎるでしょう。むしろ自らの意志として御用音楽家になろうとしたポポフじゃなくて、やはり音楽に政治を持ち込んだ奴らが悪い。やっぱり、「権力者よ、音楽に政治を持ち込むな!」私はそう思いました。それが私の結論。

     

     今日の飯森と東響の演奏は快心のものだったのではないでしょうか。ライヴゆえの瑕もごく僅かのもので、この曲のもつ途轍もないパワーを感じさせてくれただけでなく、前述のように「美しい」場面を存分に味わわせてくれたことが嬉しい。特にコンサートマスターやオーボエ、フルートのソロはふるいつきたくなるくらいに美しかった。もしもこれに贅沢な願いを言わせてもらうならば、弦楽器に今一つの厚みがあればということと、トゥッティの響きに、さらなる重量感と、時に爆風が客席にまで吹き込んでくるような凄まじさが加われば、という思いはあります。しかし、ここまで優れた演奏を聴かせてくれたのですから、お門違い甚だしい注文かもしれません。ああ、楽しかった。

     

     演奏会の前半は、私の贔屓のピアニスト、オルガ・シェプスをソリストとして迎えたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。
    いや、テンポが遅いのなんの。全体で40分近くかかったのではないでしょうか。シェプスのとる基本テンポが遅めなところにきて、時として音楽の流れを止めてしまうほどにテンポを落とし、盛り上がる時にも第3楽章を除けば全然テンポを上げない。かといって堂々たる恰幅の良い演奏になっている訳ではなく、説明的になってしまうのも恐れず、あくまで丁寧に丁寧に、そして克明に音を刻んでいく。
     私は昨年1月に彼女の初来日公演のリサイタルを聴いていて、その時に演奏されたプロコフィエフやラフマニノフで、彼女が確かな技術を持っていて、技巧的なパッセージを早く弾こうと思えば弾ける人だというのは分かっているので、恐らくこれは彼女の「意志」がもたらしたスローテンポなのだろうと思います。特に沈み込むようなピアニッシモを重視し、カンタービレを十分に歌い尽すために、この遅いテンポを採っているのだろうと。
     そんな彼女の演奏を聴いていて、私の中で湧き起こった言葉は「もうあかん」でした。いや、演奏があかんというのではないのです。その、前に進むのを躊躇うようなスローテンポに触れていると、自分がメンタルを壊して「もうあかん」とうずくまっていた時期の記憶がよみがえって来たのです。外に出なきゃいけないことは分かっている、でも、身体が動かない、涙が出てきて止まらない、もうあかん。そのまま時間はどんどん過ぎて行き、日が暮れ、夜が訪れる。まだ気力は戻らない。心の痛みさえも感じられず、何もかもが麻痺して、憂鬱の中に溶け込んでいく。ただ何か重いものがのしかかってきて、私を抑えつけて身動きをとれなくする。
     ああ、もうあかん。その感覚が、彼女の弾くラフマニノフにはあったように思うのです。特に第1楽章と第2楽章。彼女がひそやかな弱音で弱々しく抒情的な歌を歌う時、私の心は、あの頃の「もうあかん」が甦ってきて、いっぱいに満たされる。自作の初演の失敗から神経を病み、そこから再生しつつある状態でこの曲を書いたラフマニノフの中にも、やはりこの「もうあかん」が渦巻いていたのではないだろうかと思いながら、その陰鬱な音楽に心の底から共感して聴きました。
     しかし、やはり第3楽章では、後半以降はさすがにテンポを上げて音楽を盛り上げていました。中間部からの突然のテンポアップはちょっと唐突かなと思ったけれど、まあ、あのスローテンポのまま終わる訳にもいくまいと納得はしました。
     全体にテンポが遅いだけでなく、どちらかというとダークグレー系の音であまりコントラストや変化をつけずに淡々と弾く彼女の演奏は、質的に高いものだったのかは私には判定できません。自作自演やリヒテルらの名盤の演奏とスタイルが違うからダメだということはできませんが、彼女の解釈に正当性や妥当性を見出すことは難しいのかもしれません。彼女の技術的あるいは解釈上の問題ゆえにこの異形な演奏が生まれただけなのかもしれませんから。でも、彼女が聴かせてくれた「もうあかん」は、私がこの協奏曲に対していつも感じているものをより端的に表現したものであって、それゆえに私にとってはとてもポイントの高い演奏だったとは言えます。

     飯森と東響はそのシェプスのテンポ感にはいささか戸惑っているように思えました。アンサンブルがうまくかみ合わず、ピアノとオケが揃わなかった部分が結構ありました。個々の場面には素晴らしいところもありましたが、全体にはちょっと残念な出来。ポポフの練習に時間が取られて、あまり十分なリハーサルを組めなかったのかもしれません。
     

     アンコールとして、シェプスは最近CDを出したばかりのサティの「ジムノペディ第1番」を聴かせてくれました。それはやはり静かで哀しい音楽でした。聴きながら思いました。ああ、彼女は私と同じ領域に生きる人だと。この間見た大河ドラマの「真田丸」で、真田昌幸の側近、出浦昌相が「忍び」の女を見つけて殺害するシーンがあって、出浦は「どうして忍びだと分かった?」と昌幸に聞かれて、「目を見るだけで分かる。同類だから」と答えていたのですが、まさにそれで、彼女のサティの一音を聴くだけで、彼女がやはり「もうあかん」という感覚をよく知っている人だということが分かったのです。そして、彼女はきっとシューベルトやシルヴェストロフ、あるいはモンポウの音楽の王国の人なのだろうということも。実際には彼女はシューベルトを弾いているところしか知りません(CDが一枚リリース済)が、そうした静謐で「もうあかん」に満ち溢れた音楽が似合う人なんだということ。ああ、彼女のシューベルトをもっと聴きたいと思いました。
     アンコールはもう一曲。プロコフィエフのピアノ・ソナタ第7番「戦争ソナタ」の第3楽章。昨年の初来日公演で全曲を弾いてくれましたが、どうやらこの曲は彼女にとって十八番らしい。手の内に入った音楽を着実に、丁寧に、でも十分な破壊力を持ってこの激しい無窮動的な音楽を聴かせてくれました。サティでの「私と同類の音楽家だ!」という喜びは消え、やっぱりこのアグレッシヴな側面が彼女の「真実」なのかもしれないという気もしましたが、決して興奮に身を任せず冷静に構築された音楽の背後にある「静けさ」に思いを致し、彼女の音楽家としてのありようにやはり深い共感を抱きました。ラフマニノフやサティで湿りがちだった客席の拍手はここにきて随分と増強されました。このプロコフィエフだけでも、彼女の認知度は一気に上昇したのではないかと思います。まあ、何と言っても美人ですし。

     

     ああ、もう夜が明ける時間に・・・。もうあかん、寝なければ。

     

     ということで、素晴らしい演奏会を聴けて幸せでした。

    | nailsweet | クラシック音楽 コンサート | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 04:11 | - | - |









      http://nailsweet.jugem.jp/trackback/1320
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • 珠玉の小品 その21 〜 ゴダール/ジョスランの子守歌
        まこ (11/23)
      • 【演奏会 感想】小泉和裕指揮東京都響 第841回 定期演奏会Bシリーズ アリーナ・イブラギモヴァ(Vn)
        バッハ (10/26)
      • デ・ラ・パーラ指揮のオール中南米プロの演奏会が聴きたい
        gijyou (07/24)
      • レコード芸術 創刊800号に思う
        “スケルツォ倶楽部”発起人 (05/07)
      • レコード芸術 創刊800号に思う
        木曽のあばら屋 (05/06)
      • マーラー/交響曲第9番 〜 バーンスタイン/IPO(1985.9.3) 
        ストロハイム (02/08)
      • アザラシヴィリ/無言歌(グルジアの歌)
        moemoet. (01/28)
      • アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"
        moemoet (01/28)
      • 【演奏会 感想】ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサン <イタリアの庭で〜愛のアカデミア> (2016.10.13 サントリーホール)
        siegfried (11/21)
      • 【演奏会 感想】ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル(2016.10.29 浜離宮朝日ホール)
        ねこ (11/20)
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + Twitter
      + Access Counter
      + Ranking
      にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
      にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ
      ブログランキングに参加しています。
      + Twitterです
      ほんの出来心
      + Mail
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE