【演奏会 感想】アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン  〜シューベルトの夕べ〜 (2017.10.17 王子ホール)

2017.10.18 Wednesday

0

    ・アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン
     〜シューベルトの夕べ〜

     (2017.10.17 王子ホール)

     

     

     

     

     

     

     

     

     アリーナ・イブラギモヴァとセドリック・ティベルギアンのデュオの来日公演、王子ホールでのオール・シューベルト・プログラムを聴いてきました。

     

     プログラムは、前半にソナタイ短調D.385(第2番)とソナタイ長調D.574(第4番)「グランド・デュオ」、後半にソナタニ長調D.384(第1番)と、幻想曲ハ長調D.934という4曲。

     

     シューベルトのヴァイオリン曲だけで構成されるコンサートというのは結構珍しいように思います。そもそも、それらはヴァイオリン奏者にとってはあまり意欲を掻き立てる音楽ではないのかもしれません。技術的に厄介なところはあっても、華麗な見せ場は少なく、晩年に書かれた幻想曲以外は、若い青年作曲家の習作的な未熟さがあり、苦労の割に報われない。興行的にも、シューベルトのヴァイオリン曲だけを集めたコンサートという企画自体が成立しづらいのかもしれない。でも、イブラギモヴァとティベルギアンは、そこを敢えて、オール・シューベルト・プロを組んで演奏会を持った訳で、相当な自信と、音楽への愛情があっての取り組みなのではないでしょうか。

     

     果たして、彼女らが聴かせてくれたシューベルトは、演奏家たちが「やりたくて仕方のない曲。どうしてもやらねばならない曲」として、大いなる愛情と喜びをもって演奏していることが、音楽の隅々から感じ取れるものでした。今日聴いた演奏の任意の部分を取り出して、それが愛に溢れた音楽であることを証明するのはとても簡単であるようにさえ思えます。

     

     でも、それ以上に、私が彼女らの演奏に打たれたのは、この若い二人の音楽に対する意識の持ち方、まなざしでした。

     

     壮大な気宇を持った幻想曲はともかくとして、シューベルトのヴァイオリン・ソナタは、いずれも表面的には屈託のない素朴な音楽であり、ビーダーマイヤー的、サロン音楽的な雰囲気を持っています。コンサートピースであるというよりは、それこそシューベルティアーデのような小さな内輪の集いで楽しむための音楽という位置づけがしたくなる。
     しかし、その音楽によくよく耳を傾けてみると、実はその奥底でいろいろなことを表現している、あるいは表現しようとして表現しきれていないようなものがたくさんある。その単純な音楽を、本当にどこまで単純なものとして捉えて良いのか、という問いをもって音楽を再び捉えなおす必要があるのではないか。そんな懐疑的な意識をもって楽譜を捉えなおした結果、これは単なる習作的なソナタではないことが分かった。シューベルトという非凡な作曲家の精神のありようを色濃く映し出した音楽であって、既に晩年の凄い音楽を予告している。そのことを演奏によって彼女らは実証してみせたように私には思えました。

     

     そうしたことが可能なのは間違いなく彼女らの音楽家としての高い資質ゆえであって、それによってシューベルトのヴァイオリン曲の再評価を促すような刺激的な演奏が生まれたことは疑う余地はありません。でも、ある程度評価が定まった音楽を、ゼロベースで、さまざまな角度から見つめなおす能力あってこその成果であることの方が重要である気がします。この音楽にはもっと隠れた魅力があるのではないか、我々はそれを見落としてしまっているのではないだろうか、と自らに問い続けることで初めて獲得できた視点、それこそが彼女らのシューベルトを新鮮な音楽にしているように思います。でも、音楽に限らず、そのような(良い意味で)懐疑的な態度で物事を見つめるということは、生きていく上でとても大切なこと。それを愛すべき音楽を通して実感させてくれたことが私には嬉しかった。

     

     そして、彼女らが、作曲家の音楽のあちこちにある「痛み」を一つも漏らさずに抽出して聴かせてくれたことについても触れないわけにはいかない。
     明るい旋律の中に現れるほんの僅かな翳りの中に、作曲家がそっと忍び込ませた孤独や不安の痛みを二人は見逃すことはない。どこまでも優しい手つきでそれを掬い上げ、ひそやかなカンタービレに乗せて歌う。私は、「サウダージ」と呼びたくなるような情感をたたえたメランコリックな歌に浸りながら、私の内部にある「痛み」を「痛み」によって癒す。そんなシューベルトの音楽を聴く最大の喜びを、イブラギモヴァとティベルギアンの演奏から受け取ることができたのです。この上もない幸せと、古傷が疼くような痛みを同時に感じ、泣き笑いしながら、音楽を満喫しました。

     

     どの曲が一番良かったかなどということはまったく言えないのですが、でも、やはり幻想曲は素晴らしかった。三鷹での演奏よりも落ち着いていて、二人とも音色に角がとれた印象があり、より親密でリラックスした雰囲気があったのが印象的でした。三鷹での迫真の演奏も捨てがたいのですが、私は今日の王子ホールでの演奏を好みます。

     

     また、今回の来日公演では、イブラギモヴァの音色の深まりを強く感じました。特に真ん中二本の弦(D,A線)の響きが以前より豊かさを増し、深みと、強さを獲得していたこと。彼女はこれ見よがしにハイポジションでの指使いはとらず、ポルタメントもまったく聴かせない、非常にシンプルな音作りをしますが、それによって音色は常にピュアな輝きを保っていて、私は非常に好感を持ちました。さらに、特に強く張った高音でのヴィブラートは、以前より大きく、でも節度を保っていて、魅力を増していた気がします。
    ボウイングの柔らかさにも磨きがかかっていて、ロングトーンではまったく弓の返しが音として感知できないほどに滑らかな弓遣いが際立っていました。技術面でも、精神面でも、彼女が着実に進歩していくさまをこうして実感できるのはまったくもって幸せなことです。

     

     ティベルギアンの音色のあたたかさ、純粋さもまた、一歩も二歩も進境の跡が見えて嬉しかった。今回の彼のソロリサイタルは聴けなかったのですが、次はぜひとも聴きたいと思いました。特に、シューベルト。以前、ソナタ第19番や即興曲を聴いて、シューベルトへの適性の高さを感じましたので、もっと他の曲も聴いてみたい。

     

     いつまでも終わってほしくない、このままずっとここで浸っていたいと願わずにいられない、素晴らしい一夜でした。アンコールで再び演奏されたD.574のアンダンティーノの柔らかな調べの余韻に浸りつつ、満面の笑みを見せる二人につられるようにこちらもニコニコとして拍手を送り、そして満ち足りた気分で会場を後にしました。

    スポンサーサイト

    2018.08.06 Monday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL