【ライヴ 感想】純名里沙 ソロデビュー20周年記念 Winter Special Concert(2017.12.15 早稲田奉仕園スコットホール)

2017.12.17 Sunday

0

     純名里沙(Vo)

     笹子重治(g)

     林正樹(p)

     柏木宏樹(Vc)

     

     

     

     

     

     

    <<曲目>>

    ・フォスター/Beautiful Dreamer

    ・慕情

    ・ぴあの

    ・めぐる季節(アルバム「Propose」)

    ・青きドナウの岸辺に(「ベルサイユのばら」)

    ・I've Never Been In Love Before

    ・In My Life

    ・Unusual Way

    ・The Winner Takes It All

    ・風を感じて(映画「夜間飛行」より)

    ・逢いたくて逢いたくて逢いたくて(ドラマ「愛人の掟」主題歌)

    ・月の庭(アルバム「Misty Moon」より)

    ・So In Love

    ・星影の小径

    ・My Romance

     

     


     

     約1年ぶりに純名里沙のライヴを聴きました。今回は、「ソロデビュー20周年記念 Winter Special Concert」と銘打ち、いつものアレンジとギターの笹子重治に、これまで彼女が何度か共演してきたピアノの林正樹と、チェロの柏木広樹も参加。ちょうど録音が終わったばかりという彼女のニューアルバム (楽しみ!) の参加ミュージシャンが一同に会したライヴという訳です。

     

     今回の会場は早稲田奉仕園のスコットホール。木造の質素なつくりの教会の講堂で、舞台奥には十字架が。その真ん前に純名里沙が立ち、舞台の下手側にチェロ、上手側にギターを配し、ピアニストは舞台脇にはみ出たグランドピアノを客席に向かって弾く。赤いドレスを着た聖母マリア様が、三人の博士を従えて歌っているみたい。

     彼女のライヴ会場は、いつもアルコールや食べ物をとりながら音楽を楽しむ世俗的なところなので、クリスマスの飾りつけがされた聖なる場所でのコンサートというのは雰囲気が変わっていいものです。

     

     会場に入ると、それぞれの椅子の上にパンフレットが置かれていました。そこにはあらかじめセットリストと、それぞれの曲への彼女の思いをこめた短いコメントが記されていました。ポピュラーコンサートではこういう心遣いは結構珍しいのではないかと思いますが、それだけに彼女のこのコンサートにかける意気込みがひしひしと伝わってきます。
     実際、コンサートのMCで彼女自身が言っていましたが、今回の演奏会場は彼女自身がわざわざ抽選に出向いて確保したのだそうです。売れっ子ミュージシャン三人のスケジュールが揃う奇跡的な一日、何としてもいい形でライヴを、という彼女の熱意には頭が下がります。

     

     彼女が歌ったのは、宝塚入団の試験で歌ったフォスターの「夢見る人」から始まって、朝の連ドラ「ぴあの」の主題歌、宝塚で歌った「ベルサイユのばら」、ミュージカルの舞台で歌った「レ・ミゼラブル」「ナイン」などのナンバー、出演したTVドラマや映画の主題歌、そしてこれまで発表してきたアルバム(「Propose」「ミスティ・ムーン」「Silent Love」)のナンバー。彼女が、そのキャリアの中で深い関りをもった音楽たちを時系列に沿って振り返るという趣向。曲によってギター、ピアノ、チェロとのデュオ、アンサンブルと編成を変えながら、彼女の思い入れがぎゅっと詰まった愛唱歌たちを、たっぷりと聴かせてもらいました。

     

     ゴージャスな時間を心ゆくまで楽しみました。

     

     日本を代表するミュージシャンが揃って彼女の歌をサポートしているのですから当然といえば当然なのですが、まずその響きの何とゴージャスなこと。手厚く、柔らかい響きの絨毯の上で純名里沙がのびのびと美しい声を響かせる。
     でも、面白いのは、いつもの笹子重治のギター一本の伴奏で歌う曲でも、やっぱりゴージャスな音楽を味わえたということ。これまで何度か聴いてきたお馴染みのナンバーで聴かせてくれる二人の音楽は、噛めば噛むほど味が出てくるような熟成されたものになっていて、その響きに包まれているだけで幸せ。だから、私がゴージャスな音楽だと感じたのは、単に楽器が増えたというだけではないことが分かります。ここに集まった人たちそれぞれゴージャスな音楽を持っているということなのでしょうか。

     「ゴージャス」の語源は「優雅」だそうですが、私は優雅な音楽を楽しんだのだと思います。それは何かをゴテゴテと付け加えて演出された末に生まれるものではなく、ましてや音楽の作り手が目指して作るものではない。むしろ、いろいろなものを削ぎ落し、どんどんシンプルなものにまで突き詰めていった結果得られたもののように思えます。

     

     例えば、柏木のチェロ一本のソロとのデュオで歌われた「星影の小径」は最たる例ではないでしょうか。細かいアルペジオや重音の使用を最小限に抑え、コードを判別できる最低限の少ない音の動きだけで曲のハーモニーを聴き手に想像させる。メロディに「影」のように寄り添い、時に一つの音の移り変わりだけで曲調の変化を先取りし、新しい歌を導き出す。音楽のエッセンスを示すだけで音楽の奥行の深さ、味わい深さをより豊かに引き出すいぶし銀の技をちりばめた、柏木のあたたかい音色のチェロが見事に彼女の歌と絡み合う。そうしたあれこれの技があちこちに仕掛けられた音楽は、まさにゴージャス。ため息が出るしかない。

     

     林の包容力のある柄の大きなピアノを伴奏に、林との(歌の)デュエットを披露した「愛人の掟」の主題曲「逢いたくて逢いたくて逢いたくて」(Skoop on SomebodyのTAKEの曲)も同様。ピアノ一台の伴奏でサウンド的には質素なものになっていましたけれど、林の弾くピアノの柔らかな響きと、徐々にヴォルテージを上げていく自然な音楽づくりのおかげで、むしろ豪勢な音楽になっていた気がします。

     

     そんな音楽が全員のアンサンブルとして重なったときには、それぞれのミュージシャンがもつ「ゴージャス」が時に足し算になり、時に掛け算になって私の耳と心を満たしてくれたのだと思います。

     

     純名里沙の歌ですが、私自身、彼女の声をひとたび耳にしてしまうと、即座に全身が融けてしまうので、冷静、客観的になんてまったく聴けないのですが、やっぱりゴージャスな歌だったと思います。
     優雅な柔らかさをもった歌。5年近く笹子重治と音楽活動を続ける中で、楽器のエージングが進んで、木に倍音がなじんだというような趣が美しい。そんな歌は歌い手や弾き手が力んだり硬くなったりしていては絶対に生まれません。彼女ら自身が柔らかく脱力できていることと、音楽がすっかり体の奥に入り込んでいて、考えなくとも自然に体から発せられるものになっていることが必要だと思いますが、彼女自身が、そして笹子とのデュオがそういう境地に達したのではないかと思います。
     高い声もよく伸びていて、尾崎紀世彦か前川清かというくらいにマイクを口から思い切り離し、声をピンと張って歌うあたりののびやかさはとっても魅力的だったし、曲によってトーンを変えていろいろな「色」を聴かせてくれて耳が退屈することはありませんでした。

     

     特にいいなあと思ったのは、「I've Never Been In Love Before」でしょうか。そのゆったりとした間合いにさえも万感の思いを込め、しみじみと歌うあたり、もうすっかり縁遠くなってしまった「恋」を思い起こして胸が熱くなります。
     アルバム「ミスティ・ムーン」からの「月の庭」も良かった。今回のコンサートは純名自身の音楽的「回顧」になっていましたが、私自身も「回顧」モードに入ってしまいました。ちょうど10年前、このアルバムを買って聴いた頃というのは私自身辛い時期を過ごしていたので、彼女の歌に心を癒された記憶がよみがえったのです。よりしっとりとした情感をたたえた歌にまた新たに心を柔らかくしてもらえた気がしました。
     「ベルサイユのばら」の「青きドナウの岸辺に」の「ヅカ」ワールド満載の歌は、これまでのライヴでは聴いたことのないものだったのでびっくりしました。先日、彼女が宝塚に在籍していた頃の映像をテレビで見て、可憐というしかない彼女の立ち居振る舞いに完全に射抜かれてしまったのですが、ああ、彼女が出ている舞台観ておけばよかったと激しく後悔しました。
     

     そして、NHK連続テレビ小説「ぴあの」の主題歌を聴けたのも嬉しかった。あのドラマは私が結婚する直前、会社の寮を出て一人暮らしを始めた頃に放映されたものでしたから、ここでも私は歌を聴きながらノスタルジーに浸っておりました。松本隆の作詞、久石譲の作曲という豪華コンビの手による曲は今聴いても全然古くない。そして純名里沙はあのドラマの「ぴあの」役に戻って、まさにぴーかぴかの歌を聴かせてくれる。ドラマでぴあのの母親役を演じた竹下景子は、今放映中の連ドラ「わろてんか」では主人公の祖母役を演じていて時代の流れを感じずにいられませんが、考えてみれば純名里沙は女優としてはもう母親役をやる年代。彼女が演じる「お母さん」も見てみたいなと思いながらも、でも今の彼女が主役の恋愛ドラマを見てみたいなあなんてことを考えてました。

     

     「ぴあの」で聴かせてくれたタイムスリップは、「ラ・ミゼラブル」の「In My Life」でも聴くことができました。そこで歌う彼女は完全に少女コゼットでした。彼女自身がその役になりきって、それらの歌を歌うのは初めてというくらいの新鮮な気持ちで歌う姿を見ていて、ああ、これができてこそプロなんだろうなと思いました。このままいけば、森光子みたいに90歳過ぎても少女を演じ、舞台上ででんぐり返しができるかもしれない。

     

     アンコールでは、リトル・チャロのぬいぐるみをもって主題歌「Friends」を歌い、彼女自身が書いたという新曲も聴かせてくれました。どちらも心に静かにすっと入り込んでくる歌で、後者はニューアルバムにも収録されているでしょうから、もっと歌詞を味わいながら聴けることを楽しみにしています。

     

     ゴージャスな音楽を満喫したコンサートが終わり、あたたかな余韻を味わいながら会場を出たら、外はこの時期とは思えないほどに寒かった。血圧サージなどと言う言葉が頭をよぎってしまうほどでした。体型は一向にゴージャスにならず、ますます美しく、存在自身がゴージャスになっていく純名里沙を見習い、ちゃんと健康管理をして長生きし、彼女の歌と笹子重治のギターを聴き続けたい、そして、林や柏木とのコラボも聴かせてもらいたい、と思いながら帰途につきました。

     

     現在編集中という新盤、今回は新曲も含め日本語の曲を集めたものだそうで、笹子自身が「最高級のものになりそう」と太鼓判を押していました。いや、早く聴きたいです。

    スポンサーサイト

    2018.10.21 Sunday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL