【ライヴ 感想】原田知世 Special Concert 2019 “L’Heure Bleue” (2019.1.28 NHKホール)

2019.01.30 Wednesday

0

    ・原田知世 Special Concert 2019 “L’Heure Bleue”

     (2019.1.28 NHKホール)

     ※写真は原田知世のインスタグラムから

     

     

     

     

     

     

    <<出演>>

    原田知世(Vo)

    伊藤ゴロー(Gt)佐藤浩一(Pf) 鳥越啓介(Bs)

    みどりん(Dr)角銅真実(Per・Cho)

    伊藤彩(Vn)沖増菜摘(Vn)三木章子(Vla)ロビンデュプイ(Vc)

     

    <<曲目>>

    ・Hello

    ・風邪の薬

    ・名もなき青

    ・わたしの夢

    ・くちなしの丘

    ・Hi

    ・Giving Tree

    ・シンシア

    ・ロマンス

    ・うたかたの恋

    ・夢の途中

    ・2月の雲

    ・銀河絵日記

    〜アンコール1〜

    ・ping-pong

    ・時をかける少女

    〜アンコール2〜

    ・銀河絵日記 アコースティック

     

    ---

     NHKホールで原田知世のライヴを聴きました(1/28)。

     

     昨年リリースした4年半ぶりのオリジナルアルバム“L'Heure Bleue (ルール・ブルー)”の楽曲を中心に、アルバムのプロデューサー、伊藤ゴロー率いるバック・バンドと約2時間のコンサート。たっぷりと楽しませてもらいました。

     

    「ルール・ブルー」は、既定路線に乗った曲もありますが、今まで以上にサウンド指向の強いアルバムでした。伊藤ゴローの手による音づくりの面白さが際立っているのです。メロディライン自体はシンプルで耳に優しいもののはずなのに、バックではノイズ、アンビエント系のザラザラした音が彼女の歌に挑みかかる、そんなテイストの曲が多い。今回のライヴでも、照明や舞台奥のスクリーンに投影された映像など最先端の視覚的効果が駆使されたこともあって、そんな音楽のありようをもっとリアルに感じることができました。

     

     でも、凝りに凝ったサウンドを乗り越えて私の印象に最も残ったのは、やはりというべきか、原田知世という歌手の不思議な存在感でした。透明な歌声で、ふわふわと浮遊するように歌っているのに、どんなにバックのサウンドが荒れ狂い、彼女の歌を激しく揺さぶっても、彼女のキラキラ輝く姿は揺るがない。ならばとばかりに音楽は彼女に覆いかぶさろうとするのだけれど、どこまでいっても原田知世はそのままの姿でそこにいる。

     

     その微動だにしない彼女の存在の重さをひしひしと感じながら、原田知世は「時をかける少女」なんかじゃない、時が彼女の方に向かって進んでいるんじゃないかとポエムじみたことを思ったりしました。バックバンド、客席にいる我々聴衆の時間もまた、どんなにサウンドスケープが移り変わろうとも、原田知世という不動の存在の中心に向かって進んでいるのだと。そんなのは勘違いに過ぎないはずなのですけれど、そう思わずにいられなかった。

     

     でも、あの声から彼女の体温や息遣いをリアルに感じながら、会場全体があの澄み切った彼女の内部へと集約していくのは、いわく言い難いほどに幸福な体験でした。アンコールで「時をかける少女」を歌う彼女を見ていて、よくぞ原田知世という人がいてくれたという感慨がこみ上げてきて、ついホロリと来てしまいました。きっと会場を埋めた広い世代の人たちも、同じように彼女に向かって時をかけていくことの幸福を楽しんでいたに違いありません。だからこそ、ライヴが終わっても熱っぽい拍手がいつまでも止まなかったのだと思います。

     

     個々の曲について言えば、アンコールでのストリングス版含めて二回歌われた「銀河絵日記」は噛めば噛むほど味の出る佳曲だなと改めて思いました。また、「ping-pong」の弾ける音楽(途中で、松田聖子の「秘密の花園」のカバーと同じ音型が出てくるのが面白い)、ちょっとRadioHeadっぽい「Hi」は彼女の振り付けも含めて官能的で良かった。のびやかな「2月の雲」もいい。でも、やっぱり「くちなしの丘」「シンシア」「ロマンス」「時をかける少女」はエバーグリーンです。「うたかたの恋」も。

     

     今回のライヴでもう一つ嬉しかったのは、ヴァイオリンの伊藤彩さんの音を聴けたことです。私は、伊藤ゴローの「アーキテクト・ジョビン」というアルバムで彼女のソロにとても惹かれたのです。時折聴こえてくるソロで、彼女の芯のあるタイトな音に痺れました。そのほかのバンドメンバーも皆さん一流の人たちで、とても良いチームワークで原田知世を盛り立てていたと思います。

     

     そして、伊藤ゴローのギターも忘れられない。彼に対しては、昔は、お洒落なカフェでボサノバを弾くのがお似合いのギタリストというイメージを持ってましたが、本質的には、アグレッシヴなアーティストなのだと痛感しました。原田知世とのコラボももう大分長いと思うのですが、絶対にマンネリにならないのも、彼が常にチャレンジ精神を忘れないからなのでしょう。MCでいみじくも言っていたように、今回のアルバムは「やりすぎ」感がとってもあるのですが、こういう「やりすぎ」は大歓迎なんじゃないでしょうか。それこそ、鈴木慶一プロデュースのアルバムほどには突っ走ってないですし、何よりもきっと原田知世自身もそれを望んだはずですから。

     

     ただ、一つ少しだけ残念だったのは、PA。打ち込みを使う曲では、音量のバランスがデジタルサウンドに偏りすぎて、原田知世の声も言葉も聴きとりにくくなってしまっていたのです。特にアンコールの「ping-pong」は原田知世自身も耳を押さえながら歌っていたように見えました(振付?)。線の細い声が、時折かき消されそうになっていて、あまり心地良いものではありませんでした。PAのせいじゃなくて、ミキシングのせいなのか詳しいことは分かりませんけれど、彼女の言葉をもっとはっきり聴きとりたかったという気はしました。

     

     ともあれ、1年少し前の35周年のライヴはチケット争奪戦に早々に敗れて聴けず、今回、4年ぶりに彼女のライヴを聴きましたが、本当に聴けて良かった。私の青春時代の憧れの人がそのままでいてくれること、それ以上に、なおかつ「いま」を輝かしく生きてくれていることが嬉しかった。これから彼女は2クールの長いドラマに出演するということで、歌手活動は控えめになるのかもしれませんが、是非またライヴを聴きたいと思います。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.05.19 Tuesday

    0
      コメント
      ライブ行きたかったな。昔からのファンです。

      でも正直言って、ここ最近の作品はあまり何度も効かない感じでした。アコースティック路線に飽き飽きして、「GARDEN」のような名作を期待してました。

      今回の「ルール・ブルー」をレンタルしたら、そう、これ!打ち込みを多用したアンビエンツな世界観、宇宙観が好きで何度も聴いています。
      • by K
      • 2019/04/30 12:37 AM
      コンサートの感想を読ませて頂きました。
      私も11月19日(火)19時から開催された原田知世「L’Heure Bleue」リリース・ツアー2019
      の最終日を渋谷オーチャードホールで見てきました。
      本当は薬師丸ひろ子さんのコンサートツアー2019を見たかったのですが仕事の都合があり
      大変残念ですが行けませんでした。こちらのブログを拝見していて原田知世さんの紹介
      記事が多くあるため、代わりといってはなんですが、同じ角川映画出身の原田さんの
      歌声が聴きたくなり行ってみました。
      平日ということもあり、渋谷の街もそれ程の混雑はなくオーチャードホールに着くこと
      ができました。ホールの入り口まで行くと本日の講演内容について立て看板が
      あり、A3の紙にパソコンで印字したものをテープで貼り付けたものが2枚
      ありました。その看板を皆さんで取り囲んで記念撮影していました。
      原田さんのファンの事を考慮してもう少し夢のある立て看板にして頂きたかったと
      思います。
      ロビーでは原田さんのCD、Tシャツ、トートバックの販売をしていました。売り場に
      多くの方が集まっていました。私もCDを2枚ほど購入しました。
      会場に入るとすでに満員の状態でした。今回は1階の比較的前の方の席を確保すること
      ができましたので、ステージ上が良く見えました。
      開演するとしばらくシンセサイザーを使った音楽とプロジェクターで幾何学的な模様が
      投影されました。その後幕が上がりコンサートが始まりました。
      コンサートでの曲目は下記でした。アンコールまで含めると16曲を楽しむことが
      できました。第1部は黒のドレス、第2部はオレンジ色に赤い模様のドレス、アンコール
      では明るい緑色に青い模様のドレスを着用されていました。
      薬師丸さんもそうですが、原田さんも姿勢が良く立ち姿が美しいと思いました。
      第1部
      Hello  くちなしの丘
      風邪の薬   Hi
      名もなき青  Giving Tree
      わたしの夢
      ■休憩20分
      第2部
      シンシア     夢の途中
      ロマンス     2月の雲
      うたかたの恋   銀河絵日記

      ■アンコール
      ping-pong  時をかける少女 冬のこもりうた

      私の印象として第1部での曲目はポップスの中ではかなり強めの旋律を使った先鋭的
      な感覚で、少し戸惑ってしまいました。残念ですが本来の原田さんのシメージと合わない
      感じがしました。
      また、原田さんが歌う歌詞が聴きとれずバックバンドの音楽が強過ぎる感じでした。
      これはイコライザーの設定のミスでしょうか。それともステージ上の左右に積み上げら
      れたスピーカー、高音用6台、中音用1台、低音用2台のバランスの悪さのためでしょうか。
      第2部の曲目では第1部とはまったく違い優しく、明るい、また弾むような旋律の
      曲調で本来の原田さんのイメージを大切している感じがして楽しめました。
      音響についても第1部とは違い原田さんの歌う歌詞がちゃんと聴き取れました。
      おそらくイコライザーの設定を変えているのでしょう。ストリングスの音もしっかり
      聴きとれて気持ちのいい演奏を聴くことができました。
      ただ、ステージの後ろのスクリーンに月を投影しましたがその画像はアニメでした。
      いまは実際に月を撮影した画像は沢山あるので実際の月画像を使ったほうが
      インパクトがありコンサートを盛り上げることになると思います。
      また、銀河系の画像も投影しましたがこれについても実際の天体画像を使ったほうが
      良いと感じました。
      アンコールではのびのびした歌声で3曲歌われました。観客とのやり取りの中で
      ご自分年齢を52歳であることを明かしていましたが、年齢を感じさせない歌声でした。
      今後も健康に留意されてコンサートを続けてほしいと思います。
      歌唱の合間のお話しでは、コンサートを開催するために会場の予約を取ることが大変
      であり、特にオーチャードホールはなかなか取れないと話されていました。
      しかし来年もコンサートを開催したいことやアルバムの作成についても話されていました。
      また、原田さんが出演されたTVドラマ「あなたの番です」の裏話しがありました。
      台本を見ることも楽しみで出演者ながら面白いドラマであったこと。またドラマ内で
      自分が殺害されることを大分以前に知っていたがそのことを知人に話せず大変だった
      ことを話されました。
      原田さんのイメージや歌声から考えますと松任谷由美さんや大貫妙子さん尾崎亜美さん
      などの曲調が合うのではないでしょうか。海外の楽曲ですとカーペンターズでしょうか。
      アンコールでの歌唱も終了すると観客全員が立ち上がり拍手の内に終了しました。
      • by nakata
      • 2019/11/24 12:16 PM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL