拝啓 サスペンダーおじさん様

2019.02.06 Wednesday

0

    ・サスペンダー王子(ムロツヨシ)

     ※写真は指揮者ではありませんし、本文ともまったく関係ありません

     

     

     

     

     

     

     

     

    ---
     

     拝啓 サスペンダーおじさん様

     

     貴方のお名前を存じ上げないので、このような無礼な呼び名を使ってしまい大変申し訳ありません。

     

     私は、今日(2019.2.5)、武蔵野市民文化会館で開かれた演奏会終了後、貴方に直接話しかけた者です。私は30年来、貴方の姿をコンサート会場やタワーレコード、テレビ放送などでお見かけして存じ上げておりますが、貴方は私のことなどご存知ないはずです。まったく面識もない、しかも貴方の息子ほどに歳の離れた若造(と言っても中年ですが)からいきなり非難され、さぞ驚かれたことと思います。

     

     私は貴方にこう申し上げました。

     

    「演奏が始まってから客席に入ってくるのは良くないです。やめてください」

     

     それは今日の演奏会冒頭、ソリストが舞台に登場し、答礼の後にナッセンの無伴奏ヴァイオリン曲を弾き始めた瞬間のことでした。貴方は、下手側のドアから突如入場してきたのでした。いつものように大きな黒いリュックを背負い、杖をついて悠然たる足どりで、いつものように最前列の自席に向かって。そして、ヴァイオリンを弾く演奏家の目の前の席にたどり着くと、ゆっくりとリュックを下ろし、どっこいしょとばかりに着席したのでした。

     

     時間にすれば、それは高々1分くらいのことだったかもしれません。でも、あなたが入ってくる直前には、ソリストは深呼吸して全神経を音楽に集中し、あの難曲の出だしを弾き始めていたのです。客席の聴衆も、頭角を現してきた若いソリストの音楽に、息を呑んで耳を傾けていたのです。これからどんな音楽が展開されるのかと、期待に胸を膨らませながら。

     

     そこに貴方が突然入ってきて、私たちの視界をさえぎった。

     

     すっかり台無しでした。

     

     ソリストは突然の出来事に驚き、動揺していたように見えました。でも、彼女はプロフェッショナルでした。すぐに立て直し、見事に演奏会を完遂、私は彼女の弾く現代作曲家とバッハの無伴奏ヴァイオリン作品を存分に楽しみました。アンコールはなかったけれど、会場も沸いていました。

     

     しかし、私は、演奏会冒頭の貴方の無神経、傍若無人な振る舞いがどうしても許せなかった。貴方が恐らく無意識にしたであろうことが、他人には甚だ迷惑な行為であることを伝えずにはいられなかった。誰かが言わないと、貴方はまた明日以降、どこかのコンサート会場で同じことをするだろうと思ったのもある。だから、演奏会が終わった後、貴方が長い時間かかってトイレから出てくるのを待ったのでした。

     

     貴方を呼び止めて意見を伝えたら、悲しそうな顔をしてこう仰いましたね。

     

    「今日は間に合わなかったんだよ」

     

     私だってそこまでバカじゃない、そんなの見ればわかります。しかし、演奏はそのとき既に始まってしまっていたのです。貴方は1曲目が終わるまで(4,5分の短い曲でした)ロビーで待つか、席まで歩かずに客席ドア付近で聴くかすべきだった。なのに、そうしなかった。

     

     貴方はいつも開始ギリギリになって客席に座るのでご存知ないかもしれないが、最近のコンサートでは「拍手は指揮者がタクトを下ろすまで待って」とか「拍手はすべての音が消えてから」などというアナウンスが放送されています。音楽を静寂の中で隅々まで聴きたいと願う人が増えているからです。

     

     しかし、貴方のしたことは、演奏後のフライング拍手やブラボーという次元を超えている。演奏家と客席の「立ち合い」の瞬間を完全に壊してしまったのです。演奏家も聴衆もすべてを凍りつかせてしまうような由々しき行為をしたのです。多くの人がコンサートの終わりの静寂に気を遣おうとしているなら、曲が始まる時だって同じように気を遣うべきではないのでしょうか?

     

     なのに、あんなことをする権利を、貴方はなぜお持ちなのでしょうか?誰もが納得できる理由をお持ちなのでしょうか?あるのなら是非とも教えて頂きたい。

     

     言うまでもありませんが、貴方にはコンサートを聴く権利がある。ご高齢になられても、自力で頻繁にコンサートに来られているのは素晴らしいことです。日々のつましい生活の中からお金と時間をやりくりし、細々とコンサートに通っている私などからすると、まったくもって羨ましい限りです(貴方の座る席にまったく憧れませんが)。

     

     でも、だからと言って、今日の貴方のように、ただ一人の身勝手な都合と欲求のために、演奏会の進行を邪魔して良いということには断じてなりません。貴方は、コンサートに足繁く通い、コンサートとはどんな場なのかを誰よりもよくご存じのはずなのに、どうしてクラシックの初心者でも、いや、小学生でもしてはいけないと分かるようなことを、平気でできてしまうのでしょうか?

     

     まだまだコンサート通いは続けると仰るなら構いません。それを止める権利は私にはありませんから。ただ、多くの人が共有するコンサートの場を、そして何より音楽を大切にするお気持ちが少しでもおありなら、ほんのちょっとでいい、ご自身の行動を変えて頂きたい。まず、若い頃に比べて動作が遅くなり、すべてに時間が必要になっている現実を認識し、何かにつけ行動を起こすタイミングを五分早める、ただそれだけでいいのです。そうすれば、今日のようなことは防げるし、他の聴衆から注意され罵声を浴びることもないのです。

     

     貴方はこれまで、高額なチケットを大量に購入することで、クラシック音楽業界に多大な経済的貢献をしてこられた。それは私だけでなく、首都圏に住む多くのクラシック音楽ファンが認めているはずです。音楽家、ホール関係者の方々にとっても、貴方は間違いなく「上客」だ。だから、あなたのコンサートゴーアーとしての晩節を汚すのは、どうかやめていただきたい。貴方の足元にも及ばない、ちっぽけなクラシックファンからの、心よりのお願いです。

     

     不躾なお手紙、失礼いたしました。無礼をどうかお許し下さい。発言は撤回しませんが。

     

     寒さ厳しき折、どうぞくれぐれもご自愛ください。

     

                                                      敬具

     

     ・・・などど書いてみたのですが、むなしい。この文章があの方の目にとまることなどないだろうからです。サスペンダーおじさんは、直接話しかけた後、言い訳ともつかない言葉を口ごもって、何ごともなかったかのように歩いて行ったので、私の意見など聞く耳を持っておられなかったでしょう。

     

     でも、どうしても書かずにいられない。やっぱり今日の「堂々たる駆け込み入場」という行為は、あまりにもひどいと思うからです。演奏し始めたばかりのヴァイオリニストの目の前を横切るなどというのは演奏家に対して失礼千万、音楽と演奏家への敬意が完全に欠如しているとしか言いようがない。が、ご自分でひどいことをしているという意識はなさそうなので、当人に直接注意をしたところで何の効果もない。ならば、周囲で何か手を打たねばならないのかもしれません。

     

     もし、ホール関係者の方がこのブログをお読みなら、「サスペンダーおじさん」のようなご高齢の方々の「開演間際の駆け込み入場阻止」の方法を御一考願いたい。今日のあの瞬間、私を含めて多くの人が「なんであの人をこのタイミングの客席に入れた?」と思ったはずで、何か打てる手はあったのではないかと思うのです。こんなのはレアケースかもしれませんが、最悪の場合、慌てて歩いて転倒、演奏会がストップ、中止になりかねない。そうなると被害はかなり大きいはずです。

     

    「サスペンダーおじさん」は、これからもまだまだ、首都圏のホールに神出鬼没で姿を見せることでしょう。彼に続くご老人も今後増えてくるかもしれません(私自身、ああならないように気をつけねば!)。であるなら、演奏会の主催者側での、聴衆の多角的視点からの「超高齢化」への対策は、結構重要になってくるのではないでしょうか。

     

     いつも通り、言いっぱなしでこのエントリーを閉じます。

    スポンサーサイト

    2019.06.03 Monday

    0
      コメント
      よくぞ書いて下さいました。また、よくぞ本人に注意して下さいました。ありがとうございます。
      私もホールスタッフに言おうかと思いましたが、当然すでにブラックリストに載っているでしょうし、昨日も制止を振り切って入った可能性もあるでしょう。
      私はサイン会に並んでいて、みなさんが注意、抗議している声を聞き、溜飲を下げました。
      なぜ毎回必ず前方の席を取れるのか、あの大きなリュックは何なのか、謎です。録音装置を入れて、スイッチを入れてぎりぎりに着席するのか、などと勘ぐってしまいます。
      いつも粟野さんの発信を楽しみにしています。引き続きよろしくお願いします。つましく演奏会に通う者より。
      • by yastak
      • 2019/02/06 9:11 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • by -
      • 2019/02/08 10:11 PM
      はじめまして、いつに楽しくためになるブログを拝見されていただき、ありがとうございます。

      今回のコンサート、僕も聴きに行ってました。当然最初の出来事も、終演後のことも、その場にいました。終演後、代弁してくれたことも、ありがとうございます。

      ただ、別に彼を擁護するつもりはないけど、あの夜のスタッフは、どこか焦っているように感じました。開演前、まだロビーに沢山人がいた段階で、スタッフが「まもなく開演です。お急ぎください!」って声を発し、早くもドアの半分を閉め始めたのです。おいおい、これから人たちが入っていくのに、ドアを狭くしちゃったら全員が着席するのに余計時間かかるだけじゃんって思ったし、「お急ぎください」ってあんまり連呼して欲しくないなって思った記憶があります。別に急がなくたって十分開演前に着席出来る状況だったし。普段はいろんな意味で「急がされてる」ので、コンサートの間くらいのんびりマイペースしたいものです。あのホールは、スタッフも一生懸命やってくれてるし、親切だし、独特の雰囲気があって、とても好きなホールなんですが、なんか焦られてる感じがあったのは初めてでした。

      今回は、開演する直前、ロビーやトイレに残ってる人がいるか、確認しなかったのでしょうか。サントリーホールやNHKホールだったらまだしも、あの小ホールです。確認するのに、数十秒で出来ると思います。最後に彼が残っていたら、彼が入っていくのを確認した上で演奏者にゴーサインを伝えれば良かったし、まだ時間が掛かりそうだったら、一曲目は入れないようにするだけです。ちょっと中途半端でしたね。その結果が、あの結果です。半分は、スタッフのミスだと思います。

      ただまあ、同じ様なトラブルは、とりあえず彼が起こす心配は無くていいのではって思います。他の人たちに迷惑をかけたと反省してるかどうかはわからないけど、遅刻したことで最初からちゃんと聴けなかったのは、彼にとっては痛恨の極みでしょう。遅刻しないように、それなりに対策を考えてると思いますよ。
      • by はつ
      • 2019/02/10 5:23 PM
      たびたびすいません。ちょっとあれこれ考えてしまいました。

      すべて僕の予想、妄想ですが、あの夜の(または最近の)コンサートで、主催者は、出きるだけ開演の時間を守ろうと思ったのではないでしょうか。それだけ、「一部の観客」がなかなか着席せず、彼らを待ってから始めてるので、全体的に遅れぎみになっていた。その対策として現れたのが、僕が違和感を感じた「お急ぎください言葉」や「早めのドア閉め」だった。そして残ってる人を待つより、時間厳守を優先した。

      サス氏も、自分が着席するまで待ってくれてるって思っていたのでしょう。確かに、いつも彼が座るのを待ってたかのようなタイミングで演奏者や指揮者が登場してきましたもんね。だから前回のように、自分を待たずに始めたのは想定外だったのでは。逆に、主催者は、サス氏があの状況を見ての反応(ドアを開けて入場)は、想定内だったと思います。演奏中だから待つようにと言ったとしても、耳を持たずに入ってしまえば、力ずくで止めることも出来ないし、鍵閉めることも無理ですし。多少傷をおっても、「いつまでもあなただけ待ってられないよ」ってメッセージを突き付けた、それがあの夜だったのかなって思いました。

      個人的には、理由によっては、開演が多少遅くなることがあってもしょうがないとは思います。ただ、その分終演が遅くなる。あのかなり安い値段で、いい音楽を届けてくれるホールです。中には結構遠い所からこられてる人もいるんだろうって思います。メインが終わると、さっさと席を立つ人がけっこういます。まだアンコールあるだろうに、勿体ないな、あまり楽しくなかったのかな、って思う時もあります。ただ、帰宅があの時間でギリギリって人が多いのかなって思います。そんな人たちにとっては、開演は少しでも早く始めたいのでしょう。それによっては、もう一曲アンコール聴けるかもしれません。

      すいません、だらだら書いてしまいました。すべて勝手な妄想です。
      • by はつ
      • 2019/02/11 3:33 PM
      はじめまして。初コメント致します。
      私はホールスタッフなのですが、今後万が一そのような出来事になりそうなタイミングであれば、
      「羽交い締め」して差し上げれば、時間厳守のお客さまにご迷惑をおかけせず済むかと。
      ホールスタッフにとっては勇気のいる行動になるかと思いますが、大切な事は、今、遅れて来るスタッフの目の前にいるお客さまより、着席されてるお客さま方々の気持ちに応える行動が出来るようになりたいと思います。
      • by しらこ
      • 2019/05/18 1:13 AM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL