Langsamer Satz

クラシック音楽のことなどをのんびり、ゆっくりとお話したいと思います
<< 裁判と音楽 〜 團伊玖磨/歌劇「ひかりごけ」 | main | メシアン/トゥーランガリラ交響曲 カンブルラン/南西ドイツ放送響 >>
珠玉の小品 その21 〜 ゴダール/ジョスランの子守歌
0
    ・ゴダール/ジョスランの子守歌
     オンドレイ・レナルト指揮スロヴァキア放送響 (Avex)

     →詳細はコチラ(HMV)

     恥ずかしながら、有名な「ジョスランの子守歌」を最近になって初めて聴きました。かなり昔から代表的な子守歌の一つとして広く知られる曲ですから、私も名前くらいは知っていたのですが、なぜか聴く機会に恵まれませんでした。ディスクでも、例えばリタ・シュトライヒやプラシド・ドミンゴ、あるいはカザルスやゲリー・カーなど名演奏家の録音はあるようですが、普通は「子守歌全集」とか「おやすみクラシック」とか、「郷愁の唱歌集」みたいな企画モノでしか聴けないからなのだと思います。ふだんはこういうCD買いませんから。

     私自身の反省として、そのテのアルバムに入っている曲というと、通俗的で余り価値のない音楽として軽視してしまいがちです。しかし、曲名を知らない状態でこの子守歌がラジオで流れるのを聴き、ああ、味わいのあるとても良い曲だなあと思ったら、それが「ジョスランの子守歌」だと知ってとても驚きました。そして、今までずっとこの曲を知らずに来たことがもったいなく思われました。

     冒頭から日本の例えば「五木の子守歌」を思わせるような短調の哀しげな旋律が一しきり歌われた後、安らぎに満ちた優しい歌が心にすんなり入ってきて心地良いです。西洋音楽にあまり触れたことのなかった時代の日本でもこの曲が特に愛好されたのは、どこか日本人の感性を共鳴させるような旋律の美しさのためなのでしょう。何となく懐かしいような、親しみのある音楽です。

     古くから唱歌として歌われた「ジョスランの子守歌」の歌詞は以下のようなものだそうです。

    ジョスランの子守歌 近藤朔風詩

     むごきさだめ 身に天降(あも)りて
     汝(なれ)と眠る のろわれの夜(よ)
     胸のうれい ゆめに忘れん
     祈らばや ゆらぐ星のもと
     夢のまきまきに あこがれよ み空へ
     眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中(さよなか)
     あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ

     愛のつばさに おおわれつ
     わが来(こ)し方(かた) かえりみれば
     流れたゆとう 波にも似たり
     あわれいく日(ひ) 祈りに泣きぬ
     夢のまきまきに あこがれよ み空へ
     眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中
     あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ

     こういう文語調の格調高い詩を読むと、明治の頃、日本が西洋音楽を懸命に取り入れようとした頃の雰囲気を垣間見るような思いがします。そして、やはり子守歌にはマリア様がとってもよく似合うというところでしょうか。

     この「ジョスランの子守歌」は19世紀後半にフランスで活躍したゴダール作のオペラの中の曲ということですが、「ジョスラン」というオペラは今演奏される機会はあるのでしょうか。一体どんなオペラだったのか、ちょっと気になります。

     さて、私が聴いたレナルト指揮のNaxos原盤の演奏では、冒頭はフルート2本の淋しげな重奏で始まり、主旋律はヴァイオリン独奏でしみじみと歌うようにアレンジされていますが、伸びやかで潤いのある歌を聴かせてくれて素晴らしい演奏で、とても気に入って何度も聴いています。

     世知辛いニュースばかりで重くなった心を、この心優しい歌で鎮めて眠りにつきたいと思います。
    | nailsweet | 珠玉の小品 | 03:29 | comments(3) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 03:29 | - | - |
      ジョスランの子守歌 不幸そうな母と子。あふりてって、あふれてってことでしょうか。と、夢のまきまきにって?教えてください。
      | greese | 2015/11/11 5:55 PM |
      私は寧ろ、世俗的なものを好む傾向でしたが、
      昔この音楽を聴いてクラシカルなものも良いと思う様になった様な記憶があります。
      情緒的で幸せな情景が浮かびますね。
      | はな | 2016/03/20 6:30 AM |
      チェロの名手 パブロ・カザルスの弾いた名曲集の中にも
      白鳥や鳥の歌とともにこのジョスランの子守歌が入っています。やはり一世を風靡した名曲なんだと思います。

       いま、私もこの曲をチェロで弾きたいと思って、
       悪戦苦闘中です。

       しかし、心洗われるメロディなので癒されています。
      | まこ | 2017/11/23 8:25 PM |









      http://nailsweet.jugem.jp/trackback/201
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • 珠玉の小品 その21 〜 ゴダール/ジョスランの子守歌
        まこ (11/23)
      • 【演奏会 感想】小泉和裕指揮東京都響 第841回 定期演奏会Bシリーズ アリーナ・イブラギモヴァ(Vn)
        バッハ (10/26)
      • デ・ラ・パーラ指揮のオール中南米プロの演奏会が聴きたい
        gijyou (07/24)
      • レコード芸術 創刊800号に思う
        “スケルツォ倶楽部”発起人 (05/07)
      • レコード芸術 創刊800号に思う
        木曽のあばら屋 (05/06)
      • マーラー/交響曲第9番 〜 バーンスタイン/IPO(1985.9.3) 
        ストロハイム (02/08)
      • アザラシヴィリ/無言歌(グルジアの歌)
        moemoet. (01/28)
      • アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"
        moemoet (01/28)
      • 【演奏会 感想】ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサン <イタリアの庭で〜愛のアカデミア> (2016.10.13 サントリーホール)
        siegfried (11/21)
      • 【演奏会 感想】ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル(2016.10.29 浜離宮朝日ホール)
        ねこ (11/20)
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + Twitter
      + Access Counter
      + Ranking
      にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
      にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ
      ブログランキングに参加しています。
      + Twitterです
      ほんの出来心
      + Mail
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE