スポンサーサイト

2019.08.15 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    珠玉の小品 その8 〜 ラーション/「冬物語」からエピローグ

    2007.09.26 Wednesday

    0


      ラーシュ=エーリク・ラーション(1908-1986)/劇音楽「冬物語」からエピローグ
      オッコ・カム指揮ヘルシンボリ響

      ★上記リンクから試聴できます。トラック6です。

       今日はスウェーデンの作曲家ラーションの音楽。シェークスピアの戯曲「冬物語」のラジオ放送ために書いた22曲の劇伴の中の「エピローグ」です。

       冒頭から弦のユニゾンで歌われる旋律が何とも悲しく美しい。2度同じフレーズが繰り返された後の1オクターブの跳躍が胸に刺さります。その旋律に応える管の合いの手は、悲しみを認知するような優しさがあります。そして、木管楽器による悲しみを縁取るような美しいフレーズに引き続き、冒頭の旋律が今度はフォルテで奏でられると悲しみはより心の奥深くに入り込んできます。

       しかし、この音楽にはどこか「救い」があるような気がします。どこか親しげな表情をもった悲しみを感じるのです。決して聴く者を絶望の淵に追いやったりすることのない音楽、清々しい涙を誘う音楽、とでも表現すれば良いでしょうか。実際の戯曲のどの場面で使われた音楽なのかは知らないのですけれど。

       上記のカム指揮の「スウェーデン管弦楽曲集」所収の演奏は、決して感傷的にならない淡々とした語り口が却って胸を打ちます。また、とても素晴らしい選曲のアルバムだと思います。同じラーションの「田園組曲」、ステンハマルのカンタータ「歌」の間奏曲など、北欧音楽ファンの必須アイテムのオンパレードです。

       ラーションの作品集としては以下のアルバムも私のお気に入りです。

      ラーション/作品集

      ラーション/管弦楽曲集(偽りの神、冬物語、小組曲、田園組曲)
      ウォレン=グリーン指揮ヨンショーピング・シンフォニエッタ


       「冬物語」は4曲が抜粋されているのも嬉しいですし、エピローグはカム盤とは対照的に生々しくロマンティックですが大好きな演奏です。

       ああ、いつの日にかラーションの音楽をコンサートホールで聴けますように。

      スポンサーサイト

      2019.08.15 Thursday

      0
        コメント
         ブログ、充実しておりますね。
         ラーション、素晴らしい作曲家ですね。カムのCDは気にはなっておったのですが未入手です。おっしゃるようにスウェーデンの名曲が並んでおりますね。

         ラーションって気楽な曲にも味がありますが、シリアスな曲も結構素晴らしいです。ヴァイオリン協奏曲などは、傑作だと思います。
        • by クラインディーンスト
        • 2007/10/01 11:21 PM
        クラインディーンストさま
        コメントありがとうございます。

        ラーションのヴァイオリン協奏曲、興味があります。
        また、BISから出ている3曲の交響曲、是非聴いてみたいと思っています。
         交響曲も総じて聴きやすいですね。3番とカップリングされた「偽装の神」は結構録音がありますが、言葉は分からずともなかなか面白い曲でございます。名匠フリクベリの少ない録音の一つ、是非お楽しみください。
        • by クラインディーンスト
        • 2007/10/03 8:38 PM
        「偽装の神」、本文の最後で取り上げたグリーン盤で聴き、とても気に入っています。冬物語とも素材が共通しているものがあるそうですね。交響曲は是非聴いてみます。ありがとうございます。
        初めまして、通りすがりの者デス(笑)
        又、普段は余りクラシック音楽は聴かない者デス。
        チケットをたまたま貰って行った、コンサートの演目にこの曲が入っていました。
        初めて聴いたのですが、とてもきれいな曲だったので、この曲の作曲者の事や、CDが発売されているのかとか検索していたら、貴ブログがヒットしたのです。
        コンサートホールで演奏される機会が少ない曲なのですか?
        では私は、運が良かったと言う事デスネ?
        • by おかくじら
        • 2013/12/30 6:08 PM
        コメントする
        トラックバック
        ふと聴きたくなって取り出した『変装した神(偽装の神)(Förklädd gud/God in Disguise)』。スウェーデンの作曲家、L・E・ラーション(Lars-Erik Larsson 1908-1986)、とても好きな作曲家の一人です。 アルバン・ベルクにも習い、同時にモーツァ
        • Blue lagoon
        • 2007/10/01 6:55 PM
        この記事のトラックバックURL