<< インキネン/日本フィル 第626回定期演奏会(2010.12.10 サントリー・ホール) | main | ヤクブ・フルシャ指揮東京都響 第708回定期演奏会(2010.12.14 サントリーホール) >>

アザラシヴィリ/無言歌をめぐって

・アザラシヴィリ/無言歌






・ヴァージャ・アザラシヴィリ/無言歌
 サンクト・ペテルブルク・チェロ・アンサンブル

 →詳細はコチラ(Tower/HMV)

 



※2016.02.28追記
このエントリーを書いた後、無言歌の原曲にたどり着きました。
こちらのページに動画のリンクを貼っていますのでよろしければご参照ください。
アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"






 
---

 以前、ここで私はヴァージャ・アザラシヴィリというグルジアの作曲家の「無言歌」という曲について取り上げました。うち1回は、サンクト・ペテルブルグ・チェロ・アンサンブルが演奏したCD、そしてもう1回はYouTubeで見つけた歌詞つきの動画について書きました。

珠玉の小品 その4 〜 アザラシヴィリ/無言歌
アザラシヴィリ/無言歌(グルジアの歌)

 その後、飽きずにこの曲について検索を続けていたら、また2つ新しい音源を見つけましたので、メモしておきます。メモと言いつつ、他の人にも見て頂きたいという下心ありありなので、まさに「アザラシヴィリの「無言歌」普及委員会」気どり。

 まず最初は、最近HPを発見したサンクト・ペテルブルグ・チェロ・アンサンブルの演奏。私が持っているキングレコードの録音以来、消息が分からなかったのですが、どうやら創設者のアナトール・ニキティンが退き、新しい体制で活動を再開しているようです。そして、該HPには、アザラシヴィリの「無言歌」の試聴ファイルが置いてあります。

サンクト・ペテルブルグ・チェロ・アンサンブルによる「無言歌」(MP3)

 私の持っている90年代の録音とアレンジはほぼ同じ、テンポが少し遅いかなというくらいで、ムラヴィンスキー時代のレニングラード・フィルのチェロパートを率いた名手の、歌うチェロ魂がここでも受け継がれていることが分かります。とてもいい演奏だと思います。彼らの新しいDVDがあるようなので是非見たいです。

 このHPを見ると、そのニキティンのソロアルバムというのが2枚出ていたらしく、そこに既にこのアザラシヴィリの「無言歌」が入っていることが判明しました。恐らく、ニキティンにとって非常に思い入れの深い曲だったのだろうと思います。このニキティンのソロアルバム、何とかして入手したいと思っていますが、現在のところまったく入手方法が分かりません。

 そしてもう一つは、YouTubeで見つけた動画。



 グルジアの懐メロ特集のような番組で取り上げられたように思えるのですが、この動画で歌っているのはもしかしたら若き日の作曲者アザラシヴィリ本人で、歌の後で喋っているのが現在の彼なのかもしれません。ぎょっとするほど日本の演歌にも似た濃厚な「絶唱」にのけぞってしまいます。人によってはかなり「臭い」音楽に聴こえるかもしれません。ほとんど「くさや」とか「ブルーチーズ」のような領域にある音楽でしょう。が、私はこれ、たまらない魅力を感じます。なかなか胸を打つ音楽だと思っています。

このように、ムンムンするようなド演歌調の歌が原曲だろうと思われるのですが、きっとグルジアではヒットしたのでしょう。時代、地域性いろんな要素が絡んだヒット曲なのかもしれません。

 私は、この曲、何かの機会にナマで聴きたいと思っています。例えば、

 1)アザラシヴィリを招聘する(例えばTV公開番組で歌ってもらう)
 2)サンクトペテルブルグのチェロアンサンブルを招聘して演奏会を開く
 3)この曲を偏愛されている山田和樹氏にもっといろいろなところで演奏してもらう

 というような方法が考えられますが、一番現実味があるのは3)でしょうか。最近人気急上昇中の山田氏に、どなたか、是非けしかけてもらえないものでしょうか。既にアマオケでは何度も演奏されているそうですし。例えば、彼を東フィルのジルヴェスターの指揮に抜擢して、この曲のオケ版を演奏してもらったら、多分、この曲は全国的に有名になるんじゃないだろうかなんて思います。NHKの「名曲アルバム」でもいいかもしれません。あるいは、この曲の歌詞を起こして、彼が率いる東混で歌ってもらうとか。アザラシヴィリをそこに呼ぶというのも手かもしれません。

 いやいや、山田氏が音楽を志すきっかけになったのがこの曲ということなのですから、彼にグルジアに行ってもらって(危険な地域だから難しい?)、アザラシヴィリ氏と会って共に歌い、そして現地のオケと演奏する、なんてドキュメンタリーができたら!と思います。どなたか、この企画、買ってくれないでしょうか。

 ・・・と妄想はどんどん膨らみますが、今日はこのへんでやめておきます。

スポンサーサイト

  • 2017.08.16 Wednesday
  • -
  • 01:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
大切な人からカセットテープでいただいたアザラシヴィリの「無言歌」。
15年ぶりに聴くことができました。偶然こちらで紹介してくださっているのを発見して感激しました。本当にありがとうございます。
あまりに懐かしくて、昨夜はほとんど眠ることができませんでした(笑)
私もグルジア語の歌詞の意味が知りたいです。また、いつかチャンスがあれば訪れてみたいと思っています!
  • はにこ
  • 2014/02/28 6:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Twitter
Ranking
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ
ブログランキングに参加しています。
Access Counter
                         
Mail
                         
            
サイト内検索
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デ・ラ・パーラ指揮のオール中南米プロの演奏会が聴きたい
    gijyou (07/24)
  • レコード芸術 創刊800号に思う
    “スケルツォ倶楽部”発起人 (05/07)
  • レコード芸術 創刊800号に思う
    木曽のあばら屋 (05/06)
  • マーラー/交響曲第9番 〜 バーンスタイン/IPO(1985.9.3) 
    ストロハイム (02/08)
  • アザラシヴィリ/無言歌(グルジアの歌)
    moemoet. (01/28)
  • アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"
    moemoet (01/28)
  • 【演奏会 感想】ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサン <イタリアの庭で〜愛のアカデミア> (2016.10.13 サントリーホール)
    siegfried (11/21)
  • 【演奏会 感想】ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル(2016.10.29 浜離宮朝日ホール)
    ねこ (11/20)
  • 【雑記】客席ガラガラの演奏会に思うこと
    佐藤 (11/01)
  • アザラシヴィリの「無言歌」 〜 「音楽の友」(2016.07)記事掲載、クァルテット・エクスプローチェによる新盤発売
    yoosun (09/01)
recent trackback
links
profile
others
sponsored link
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM